PTA会長会議を開催しました

 1月17日(水)19:00から高崎市中央公民館集会ホールでPTA会長会議を開催しました。市内の小・中・特別支援学校の会長さんに集まっていただき、子どもたちを取り巻くインターネットやSNS問題への対応について考えました。
 全体会で今年度の活動報告や来年度に向けての確認をした後、NPO法人ぐんま子どもセーフネット活動委員会の飯塚秀伯理事長に「我が子をSNSの被害から守るために」という演題で、ご講演いただきました。SNSに起因するコミュニケーション・いじめ・健康への影響等々のお話を受け、8つのブロックに分かれて意見交換を行い、昨年12月の中学生リーダー研修会で中学生の子どもたちから提案された『高崎ルール』を親としてどのように支援していくかについて考えました。
グループでの話し合いでは、「『高崎ルール』をよく知らない」という声も聞かれたほか、「大人がスマホやLINEをもう少し勉強したほうが良い」とか、「もう少しマナーを学ぶべきだ」などといった自省を促す意見も出されました。
 まとめでは、グループワークで出された意見に対し飯塚先生から「子どもを守るための知恵を出す」「子どもを守ることは親の務め」というアドバイスをいただき、何事も子ども任せにするのではなく、親としてしっかりと子どもの成長をサポートしていくことが大切だと再確認することができました。
 市P連では、今回の研修会で学んだことや参加者の皆さまから頂戴した貴重なご意見を今後の活動に生かし、子どもたちの健やかな成長のために今後も活動を進めていきたいと考えております。
ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。